マンションリフォーム知識集では中古マンションリフォームについての情報を紹介しております。 特にリフォームの盛んな東京横浜大阪福岡についてのリフォームや塗装の情報も今後紹介していければと思います。 また今注目の資格マンションリフォームマネジャーについても詳しい情報を調べていこうと思います。

Top >  中古マンションのリフォーム >  築年数の古いマンション

築年数の古いマンション

築30年以上の物件


 築30年以上を経過しているマンションでは、最近のマンションとはかなり事情が異なります。

 換気設備が十分整ってなかったり、遮音性能や断熱性能が低い場合もあります。電気の契約容量(アンペア数)が不足している場合もありますので、確認しておきましょう。

バスルーム


 今はほとんどのマンションで、システムバスが採用されています。既存の浴室が在来工法である場合、浴室を解体して、システムバスを設置しますが、据えつけるスペースがあるかどうか、またそれらを搬入することが可能かどうかがポイントです。

キッチン


 築年数の古いマンションでは、プロペラ式のファンが設置されているケースもあります。

最新型のファンを設置する場合、新しいレンジフードの排気位置が既存のダクトから取り付けできるかどうかがポイントです。コンロの位置を移動させる際も、同じ配慮が必要となります。

もし旧式の給湯システムが設置されている場合、新たに配管工事が必要になります。専有部分の配管が老朽化している場合は、内部腐食の恐れがあるので、リフォームのときに換えておくと安心です。

その他


 旧式の洗面台がついているところにシステム洗面台を設置する場合、給排水管の更新が必要になります。また、洗面所の出入口の幅が狭いために、大型の部品を搬入できなかったり、天井高が低すぎて設置できない場合もあります。

 トイレに多機能装備の温水洗浄暖房便座や、暖房器具を設置したければ、新たに電源の設置が必要となります。

中古マンションのリフォームの内容一覧

  • 管理のチェック

    中古マンションは管理を買う  中古マンションは管理を買え、と...

  • 築年数の古いマンション

    築30年以上の物件  築30年以上を経過しているマンションで...

  • 中古マンションは安全か

    構造や性能のチェック  マンションの建築技術は、毎年進歩して...

  • 中古マンションを購入する時のポイント

    現状有姿  中古マンションを購入する時、完成時の書類が残され...

  • 中古マンションを自分仕様に

    購入が先か、依頼が先か  近頃では、自分好みの住まいにするた...