マンションリフォーム知識集では中古マンションリフォームについての情報を紹介しております。 特にリフォームの盛んな東京横浜大阪福岡についてのリフォームや塗装の情報も今後紹介していければと思います。 また今注目の資格マンションリフォームマネジャーについても詳しい情報を調べていこうと思います。

Top >  工事のトラブル防止 >  変更工事はリフォーム業者に

変更工事はリフォーム業者に

変更工事の依頼


 実際に工事が始まり、現場を訪れてみると、図面でイメージしていたのと違うように感じることがあるかもしれません。

 打ち合わせの段階で、リフォーム業者と施主の間にイメージの食い違いが生じることもあります。変更工事はロスの原因になるので、なるべく避けたいところですが、どうしても気になるなら、リフォーム業者に変更工事を依頼しましょう。

 工事の変更について相談するときは、直接現場で職人さんにいうのではなく、必ずリフォーム業者に声をかけましょう。またその時に、金額はいくらか、変更工事によって工事期間の変更はないかどうかを確認します。

 気軽な気持ちで現場の職人さんに「ここに棚があるといいな」と一言いってしまったために、予想外の大きな変更工事とコストアップになることもあります。

 サービスだと思っていたのに、追加請求を見てびっくり、ということがないようにお互い確認する姿勢が必要です。

追加工事について


○家族の現場での口だしは避けよう

 奥さんが赤色といったのに、ご主人は青色でと依頼するような施主では当然現場も混乱しがちです。現場はあくまでも決定図面に基づいて進行するようにしましょう。

○変更内容は必ずメモを

 変更内容については口頭だけでなく、きちんと文書に残しておきましょう。特に、追加料金が発生するかどうかといった金銭のトラブルを回避できます。

○職人さんにお願いするのはよそう

 追加工事の打ち合わせは、必ず設計者や工事の責任者としましょう。職人さんに直接相談して後で、「あの時できるといったのに」といったトラブルは避けるべきです。

工事のトラブル防止の内容一覧

  • 変更工事はリフォーム業者に

    変更工事の依頼  実際に工事が始まり、現場を訪れてみると、図...

  • 周囲に配慮してトラブル防止

    工事前に近隣あいさつを  マンションリフォームの場合、同じ建...