マンションリフォーム知識集では中古マンションリフォームについての情報を紹介しております。 特にリフォームの盛んな東京横浜大阪福岡についてのリフォームや塗装の情報も今後紹介していければと思います。 また今注目の資格マンションリフォームマネジャーについても詳しい情報を調べていこうと思います。

Top >  リフォームでやれること >  リフォームで自分好みに

リフォームで自分好みに

どこまで希望通りになるか


 老朽化したマンションを全面的にリフォームするケースや、新たに購入したマンションの間取りを自分仕様にしたい場合、「間取りはどこまで自分の希望通りになるか」が問題となります。

まずリフォームをするにあたって、マンションの構造・基礎知識として知っておいて損はないものを挙げていきましょう。

大梁……構造柱と接合されている基本的な梁。前面リフォームでも変更は不可能。

構造柱……建物を支える鉄筋コンクリートの柱。前面リフォームでも変更は不可能。

床スラブ……コンクリートの床版。その上に床が敷かれる。下の階の部屋の天井と直接つながっている。

間仕切り壁……室内の仕切り。リフォームで変更することができる。ただし、躯体の間仕切り壁は変更不可

戸境壁……住戸同士の境の壁。耐震壁の機能も持つ。前面リフォームでも変更不可。

  また、間取りが変更できるかどうかはマンションの構造によって異なります。前面リフォームを検討している場合は、できれば竣工図の図面を手に入れて、見えない部分を確認しましょう。

 では、リフォームするにあたってチェックするところを挙げていきましょう。

和室・洋室……和室と洋室は床下の構造が異なるため、和室→洋室のリフォームは費用     がかかる恐れがある

キッチンの排煙ダクト……ダクトの延長が難しく、移動できない場合もある

……RC造の場合、柱は通常躯体の一部。移動は不可

……壁が戸境壁の場合、移動は不可

 これらの事を、よく知っておきましょう。

スケルトンリフォーム


  専有部分の床、壁、天井を全て撤去してコンクリートのハコの状態に戻し、そこから新たに間取りを構成しなおす「スケルトンリフォーム」なら、プランニングの自由度がアップします。

  設備機器はもちろん、専有部分の配管・配線、断熱材も全部取り換え可能なので、住まいの耐久性も向上します。全面リフォームを考えているなら一考の価値はあります。

  ただし、築年数の古い物件に関しては、配管の移動もできない場合があるので、万能というわけではないことも頭に入れておいてください。

リフォームでやれることの内容一覧

  • リフォームで自分好みに

    どこまで希望通りになるか  老朽化したマンションを全面的にリ...

  • 水まわりのリフォーム

    キッチンや洗面所に関する制約  マンションリフォームの場合、...

  • リフォームの際の法律・規則

    区分所有法  マンションのリフォームを考える時、配慮しなくて...

  • マンションでリフォームできる部分

    専有部分と共有部分 マンションをリフォームするときは、一戸建...