マンションリフォーム知識集では中古マンションリフォームについての情報を紹介しております。 特にリフォームの盛んな東京横浜大阪福岡についてのリフォームや塗装の情報も今後紹介していければと思います。 また今注目の資格マンションリフォームマネジャーについても詳しい情報を調べていこうと思います。

Top >  リフォームでやれること >  リフォームの際の法律・規則

リフォームの際の法律・規則

区分所有法


 マンションのリフォームを考える時、配慮しなくてはいけない法律や規約があります。

 マンションの管理にまつわる基本的なルールについてまとめているのが、区分所有法という法律です。これは、正式に「建物の区分所有等に関する法律」のことで、マンション法と呼ばれることもあります。

 この区分所有法の中で、区分所有者(各住戸人)は管理組合に参加し、マンションを共同で管理することが決められています。そのため、本来どのマンションにも必ず管理組合を置き、独自の管理規約を定めることが必要となってきます。

 マンションリフォームは主にこの管理規約に基づいて行われます。区分所有法の範囲の中で、それぞれ独自の規約や協定が定められているので、リフォーム前には自分が住んでいるマンションの規約内容を確認しておきましょう。

 マンションによっては管理組合への届け出や隣戸の承認を義務付けていたり、床の材質などを限定している場合もあります。

建築基準法・その他

 一戸建てをリフォーム・増築するときは、建築基準法に基づいた行政による審査が必要ですが、増築が不可能なマンションリフォームの場合、建築確認審査が不要な場合がほとんどです。

 ただ、審査がいらないからといって、勝手な改修が許されるわけではなく、防火面や健康面についての配慮が必要です。

また、他にもマンションリフォームにまつわる法律・規約には、「使用細則・協定」や「消防法」など様々なものがありますので、知っておいて損はないはずです。

リフォームでやれることの内容一覧

  • リフォームで自分好みに

    どこまで希望通りになるか  老朽化したマンションを全面的にリ...

  • 水まわりのリフォーム

    キッチンや洗面所に関する制約  マンションリフォームの場合、...

  • リフォームの際の法律・規則

    区分所有法  マンションのリフォームを考える時、配慮しなくて...

  • マンションでリフォームできる部分

    専有部分と共有部分 マンションをリフォームするときは、一戸建...