マンションリフォーム知識集では中古マンションリフォームについての情報を紹介しております。 特にリフォームの盛んな東京横浜大阪福岡についてのリフォームや塗装の情報も今後紹介していければと思います。 また今注目の資格マンションリフォームマネジャーについても詳しい情報を調べていこうと思います。

Top >  リフォームでやれること >  マンションでリフォームできる部分

マンションでリフォームできる部分

専有部分と共有部分


マンションをリフォームするときは、一戸建てとはまた違った制約もあります。構造上不可能な改修や、個人で勝手に手を加えることができない、住居者全員が利用する「共有部分」があるからです。個人でリフォームできるのは法律上の「専有部分」のみです。

 専有部分とは、住居者が所有権を持ち、管理しているスペースのことを指します。各住居内部がこれに当たります。マンションの建物の中で利用上独立しているものとされ、個人でのリフォームが可能です。

 一方、共用部分とは専有部分以外のスペースのことを指します。建物の構造や・廊下・階段・エレベーターや、専有部分に属さない配線・配管・設備・アンテナなど。管理組合が管理しており、個人でのリフォームはできません。

リフォームの注意点


 次に、マンションリフォームでしてはいけないことを挙げていきます。これらを踏まえてリフォームを進めていきましょう。

玄関扉やサッシの取り換え……窓サッシや玄関扉は共有専用に入るため、個人では取り替えることはできません。ですが、破損した窓ガラスの交換や、玄関扉の内側の塗装に関しては大丈夫な場合もあります。

躯体の改修……出っ張りが邪魔な室内の柱や梁も、マンション全体を支える躯体なので、個人で手を加えることは厳禁。構造に影響のない間仕切り壁は変更できます。

内装の確認も必須……内装は基本的にリフォーム可能です。ただ、フローリングを取り換えるときは、防音効果が高いフローリング材に限定されるなど、規約がある場合もあります。

配管や排気管……給排水の配管は共用部分の管につなぐので、位置が限定されます。また、レンジフードや排気ダクトの改修は、構造や位置によっては難しい場合もあります。

リフォームでやれることの内容一覧

  • リフォームで自分好みに

    どこまで希望通りになるか  老朽化したマンションを全面的にリ...

  • 水まわりのリフォーム

    キッチンや洗面所に関する制約  マンションリフォームの場合、...

  • リフォームの際の法律・規則

    区分所有法  マンションのリフォームを考える時、配慮しなくて...

  • マンションでリフォームできる部分

    専有部分と共有部分 マンションをリフォームするときは、一戸建...